FXにおける3つのトレードスタイル

FXは24時間いつでもトレードをすることができる上、近年はスマートフォンやタブレット端末の普及によって、今まで以上に自由度の高いトレードができるようになりました。
ですのでFXではいくつかのトレードスタイルがあり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分にはどれが合っているのか把握しておきましょう。

FXトレードと聞くと最も有名なのがデイトレードですが、これはその日に保有したポジションを、その日のうちに決済しるトレードスタイルになります。


メリットとしては寝ている間にはポジションを保有していない為、気になってしまうことがありませんが、逆にデメリットとしては短期トレードの方がチャートが複雑になり、相場分析が難しくなります。

共同通信社のことならこちらのサイトにお任せください。

次にデイトレードよりも、さらに保有時間が短いスキャルピングですが、これは数分から短ければ数秒で決済して、少ない利益をコツコツと積み重ねていくトレードスタイルになります。



メリットとしては短い時間軸を使うことから、ロスカットの幅が狭くなり、また値動きのない時間帯でも効率よく稼ぐことができますが、デメリットとしては、デイトレードよりもさらに複雑な値動きとなりますので、相場分析が最も難しくなります。
最後に中期から長期のスイングトレードですが、これは数日から数週間、もしくは数か月から数年といった長い期間保有をするトレードスタイルになります。



メリットとしては、使用する時間軸が長い為、安定していて分析がしやすく、さらにはスワップポイントの恩恵も得ることができますが、デメリットとしては常にポジションを保有している為、チャートが気になってしまったり、また大きな時間軸でロスカットをいれますので、ロスカットの幅が最も大きくなります。